ごあいさつ

横山工業は1993年8月、平成の元号がなじみだした頃に創業いたしました。
以来四半世紀にわたり、足場仮設工事事業を適して、これまで時代の変化と地域社会のニーズに応えながら着実に成長してまいりました。
21世紀を迎え、激変する社会・地域・環境変化にどのように向き合い対応すべきか、その答えを求め続けなければなりません。
足場仮設工事事業からスタートしたわが社は、外壁改修工事部、土木・人材派遣部を立ち上げ、足場仮設から外壁改修工事・塗装工事分野への進出を経て、現在では現場管理を一貫して行う体制を確立しております。
わが社は、「工事の迅速化・低価格化・お客様と現場の親近感」の達成を最も重要なミッションと位圏付けました。
結果は、近年はお客様からの評価も頂き達成できたと自負しております。
このミッションの品質やお客様満足の拡充を目指す観点から、2006年に「クリスタルコーティングシステム事業部」2007年に「新景観舗装事業部」それぞれを立ち上げ、ミッションの高度化を実現しつつ、既存の北九州市にはない新事業を展開しております。
これまでの常識や観念に囚われず、北九州に新しい風を起こせるように、これからも「安全第一」・「お客様第一」を心掛け、「人材育成」・「技術の向上」に力を入れ、勇往邁進してまいります。

有限会社 横山工業 代表取締役 横山将隆

ピックアップ記事

  1. CADデータを用いた作図の申請と提出を行う事は、警察署への道路使用、及び占有許可を始め、労働基準監...
  2. 創業以来15年間、当社の中心工事業として多種多様な現場を施工してまいりました。